スパム対策
内藤大助、お疲れ様でした。 / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内藤大助、お疲れ様でした。 

先日、WBCフライ級選手権、王者内藤大助、挑戦者亀田興毅との試合がありましたが、結果は3-0で亀田の勝ち。

この結果を見て、どう感じたでしょうか。
予想通り、亀田はアウトボクシングで来ました。内藤の一番苦手とするタイプ。

今回の亀田のスタイルの感じとしては清水智信の様な感じ。

中間距離がなく、遠間から内藤が踏み込んだところをカウンター。また、遠間から一気に踏み込みストレートと。

徹底的に内藤を研究していたと思います。

内藤陣営も亀田の研究はやっていたと思いますが、それが上手くジャッジに評価されなかったのが痛いですね。

アグレッシブでは内藤、インパクトでは亀田。

ボクシングの評価は分かれますから、今回は亀田有利なジャッジであったと私は思いました。

アウトボクシングはそこが評価されなければ絶対に勝てない。

だから、亀田は今回の試合かなりのリスクのある試合をしたと思います。

内藤はポンサクレックと亀田以外に負けてないんだから立派な成績ですよ。

年齢も35歳と高齢ですし、お疲れ様でした。

まだまだ見たい選手の一人ですが、年取って動かなくなる内藤を見てもうれしくないですから。

亀田はパッキャオを目指すならインファイトを得意としないと。

あと、一気に踏み込んでのラッシュ。

でないと、今後の試合やアメリカ進出を狙っているのでは厳しいですね。

何にしても双方お疲れ様でしたね。
スポンサーサイト


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/575-17d96973


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。