スパム対策
【日記】命がけ / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日記】命がけ 

人を助ける仕事って本当いいと思うよ。命をかけるだけの価値があるとオイラは思うね。
昨日、『炎のメモリアル』をレンタルしてきまして、見てました。レビューしようかなって思ったけども、やめておくよ。でも、良い映画だったと思う。

命を懸けて何かをするというのに、凄く魅かれる。オイラもそういったところに身をおくことになるのだけども。

炎のメモリアルにしろ、バックドラフトにしろ、スーパーヒーローにはなれないんですよね。マスクかけずに火に飛び込んだり、単独で突っ込んだりしちゃいけないことばかりだよ。一人の行動でみんなが危険になる可能性もあるわけですし。こういった映画につき物なのは勇気はリアルでは単なる無謀でしかないということ。現役の消防官はそんなことを思ってこの映画を見たのでしょうね。

海猿にしろ、いいところしか映していない。もっとドロドロした部分ってあるんだと思う。でも、映画に描かれているような男臭さがオイラは好きだなぁ。炎のメモリアルもそう。

でも、あれは日本の社会ではあり得ないことなんだよなぁ。なぜなら、日本の消防や自衛隊・警察って完全な縦社会だからね。隊長に向かって勝手な発言は出来ないですし、上官の命令は絶対なんですよ。そこが日本の良いところでもあり、悪いところなんだけども。後輩や部下は単なる駒と考えず、もっとチームメイトとしての認識を持てば良い組織になるのだろうけどね。

組織愛が日本にはなさ過ぎる。それは汚い何かがあったりするからなんだろうけども。つまらな人間が多すぎるのかもしれないね。だから、命なんて懸けられないんだろうね。仲間意識があるのは、養成学校にいるだけなんだろうかねぇ。

海上保安庁も消防も映画になったから、あとは自衛隊と警察の熱い映画を期待したいね。『突入せよ!』もスキだけどね。『踊る大‥』では面白いんだけど、チームじゃない気がするなあ。自衛隊はゴジラにやられてばかりだから、面白いのを期待したいね。蛇

ps.明日の夜、内村プロデュース(通称:内P)が終わってしまう。残念だなぁ
スポンサーサイト


こんばんわ

日本の縦社会。日本の永遠のテーマでしょうね。

チームとしての愛が足りないという言葉は名言だと思います!
[2005/09/25 23:28] きまぐれ四世 [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

そうですね。消防官の話を描いた映画ですよ。
[2005/09/25 16:28] コツコツタイガー [ 編集 ]

こんにちは。
「内村プロデュース」が終わってしまうのは確かに残念ですね。
「炎のメモリアル」とは消防隊の映画でしょうか?
[2005/09/25 16:13] ぷにねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/256-7ab4992d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。