スパム対策
【映画】宇宙戦争 / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【映画】宇宙戦争 

今日、トム・クルーズ主演『宇宙戦争』を見てきました。
宇宙戦争■ ストーリー
雲ひとつない晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。上空で発生した激しい稲光の一つは地上にまで達し、その下で巨大な何かが大地を震わせうごめき始めた。そこに居合わせたレイ(トム・クルーズ)は、この常識では考えられない現象に直面し、恐怖に怯える人々と共に状況を見守る。そして人類が体験したことのない異星人の襲撃が目前で始まった。侵略者が操る”トライポッド”が地底よりその巨大な姿を現し、地球侵略を開始したのだ。何とか家にたどり着いたレイは、テレビのニュースで世界16カ国が同時に襲われたことを知る。レイは息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と娘レイチェル(ダコタ・ファニング)を連れ、安全と思われる土地へと逃げる準備をする。
侵略者を前に戦う術を持たない人間たちは、今、世界のいたるところで難民と化していく。そして極限の恐怖は瞬く間に全世界に広がり、地球はかつての支配者を追い詰めていった。
愛するものが消えていくとき、人類に残されたのは愛と勇気だけだった・・・。(オフィシャルより引用)

■レビュー
トム・クルーズとスピルバーグがマイノリティーリポート以来のタッグを結成して作り上げた今作品。映像美は文句の付け所はないし、凄く壮大に感じた。やや残酷だなと感じる部分もあるがそこはリアルなのかも知れない。

エイリアンは結構沢山出てきたのだけども、種類が少なくてちょっと思っていたようではなかった。でも、映画全編を通して圧倒的な強さと恐怖を植え付ける彼ら?のインパクトは圧巻ですね。人間は為す術もないというのはこういうことをいう。

トム・クルーズは決して超人でもない単なる一般peopleなのでそれほど大きな展開は期待できないのだが、ダコタ・ファニングが出てたお陰でこの映画は意味のあるものになったのではないかと思う。

まだ少女だが、本編では結構良い味を出していたと思う。マイ・ボディガードのレビューをしたときも書いたが、彼女はこの映画でも輝きまくっていました

トム・クルーズの最も売れた作品となったらしいが、それほど明らかにトムの過去の作品と比べて、面白いとは言えない。ややyahooの映画レビューでは酷評も見受けられるが、私的には良い映画だと思う。

ただ、全編通してスピルバーグは何を言いたかったのか。これは色んな解釈があると思うが、私は何とも思えなかった。keywordは”食中毒”かな。

宇宙戦争オフィシャルHP
読み終わったらクリックお願いします→
スポンサーサイト


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/190-e93caaa6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。