スパム対策
【ボクシング】川嶋vs徳山 / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ボクシング】川嶋vs徳山 

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(18日・大阪市中央体育館)が行われる。チャンピオン川嶋勝重(大橋)、挑戦者徳山昌守(金沢)共に好調さをアピールしている。
 このカードは三回目。三度目の正直と言うが、まさに決着戦にふさわしい舞台が揃ったと思う。それぞれ公開練習をしているが、私がまず感じたのは、徳山の肌の艶があまり良い感じには見れなかった。肉体はそれほどしっかりとテレビでは見て取れなかったのだが、インタビューを受ける顔には、う~ん…どうだろうって思えた。スパーのあとだからかな、それとも落としすぎ?正直分かりません。

 対する、川島は良い感じに思えた。多少張りがあるように感じたが、あんなもんかなと言う印象。どちらが勝って欲しいという思いはない。良い試合をして欲しい。前回のタイトル戦は見れなかった。あっけなく終わったと言うことしか聞いていない。

 今回はそれよりは良い試合になるだろう。川島のボディー攻撃に徳山のジャブ。踏み込んでからのボディーを前半打つことが出来れば川島にかなり有利に試合は運ぶだろうし、(適切かは分からないが)全盛期の徳山のジャブは素晴らしかった。あれで、相手に踏み込みさせないボクシングは王者の風格さえ感じられた。共に、武器がある。これを上手く使った方にチャンピオンベルトは輝くだろう。

 では、精神的にどちらが有利かを考えると、明らかに徳山。川島はチャンピオンであるために勝つボクシングをしなければならない。対する徳山は負ければ引退?という文字がついてくるが、失うモノは何もないし、前回負けているのでそれを糧に練習も身が入っているはず。練習が上手くいけていれば、徳山有利と言うことも言えるのではないだろうか。何にしても、18日が楽しみでならない。

読み終わったらクリックお願いします→
スポンサーサイト


コメントありがとうございます

確かに、徳山にはこの階級は既に限界だと思っています。ひょっとしたら、今回も減量に失敗している可能性もあると思います。

体重を落とさず、筋力だけ増やすなんてそんなレベルはとうに超えているはずなんです。しかし、未だにそのようなことを言ってるということは、今回も前回と同じような結果になるかもしれません。現に顔の艶などは無かった。前日になってみないと何とも言えませんけれども。

ノアのドーム大会は東京なので私はいけませんが、かなり気になります。ノアの絶対的トップを健介がぶった押せるか。HPの件もありますし、頑張って貰いたいと思っています。

川島・徳山戦はテレビ大阪であるそうなので見れるので楽しみですね。前回は見るつもりで帰ってきてみたら終わってたので、今回は初めから見たいと思います。コメントありがとうございました。
[2005/07/15 01:34] コツコツタイガー [ 編集 ]

徳山

こんにちは。
はじめまして。
橋本氏の訃報をきっかけにして、
コジログからやってきました。
よろしくお願いします。

徳山、良い試合ができるでしょうか。
驚異の連続防衛をした名王者ですが、
後半はかなり減量に苦しんだみたいです。
僕にはなぜSフライにこだわるのかわかりません。
あのパフォーマンスを再現するのは正直辛いかと。

川嶋に1Rで倒されたこと、
よっぽど悔しかったんでしょうか。

本人が決めたことなので何とも言えませんが、
できれば上の階級での復活が見たかったです。
長谷川と福島がいて、席を確保しにくいのかなぁ…。

何にせよ楽しみです。
僕は、当日、ノアドームをパスして、
オンタイムでテレビに噛り付きます。
大阪は行けないですから。
ノアは深夜でガマン、と。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/136-c132f5d3


《結果》徳山返り咲き!WBCスーパーフライ級

徳山が見事な試合運びでタイトルを奪還。不運なダウンを奪われながらも最大9ポイント差の完勝でチャンピオン川嶋を下した。ポイントの一つは立ち上がり。序盤の3ラウンドまでに、持っているスタミナの半分以上を注ぎ込んで、徳山はペースを奪いに行った。結果的にこれが...
[2005/07/19 01:15] URL 沖縄マニアのボクシング観戦日記

川嶋まけたぁ

Sフライ級タイトルマッチ。徳山VS.川嶋戦。チャンネル合わせたら、つい引き込まれる試合とにかく速い!全然見えない。5R辺りまで全然パンチ見えずその後疲れからか、見えるようになってくるけど当たっても、前に出続ける川嶋さんに少し熱いものを感じた9Rで何故か2人の
[2005/07/18 23:35] URL Dazzling M
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。