スパム対策
【時事】ゲーム販売における規制 / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【時事】ゲーム販売における規制 

残虐性を理由に神奈川県がプレイステーション2用ソフト「グランド・セフト・オート3」を県青少年保護育成条例の「有害図書」に指定したのを受け、ソニー・コンピュータエンタテインメントやマイクロソフト、任天堂など主要ハードメーカーが未成年へのゲームソフトの販売を自主規制することを検討している。18歳以上推奨としているゲームを販売する際、購入者に身分証提示を義務付ける案などが検討されており、公的な規制強化の流れに業界全体で対応する構えだ。
<ゲーム業界>「有害」ソフト、未成年への販売を自主規制へ

近年のゲームはリアルになり、より現実へと向かっている。その中で未成年に及ぼす影響というのを考えて、こういった規制へと流れたのは必然と言えば必然であったと思う。

そもそも、このグランド・セフト・オート(以後GTA)については、販売前から賛否両論あった作品であるし、このソフトの危険性は所持している私も感じた事でした。

車を取れる、人をひける、鉄砲で撃てる、人を殺せるなど、現代社会ではあってはならないことが、ゲームで体験出来る。これを現実社会でやったならどうなるだろうか。歴とした凶悪犯になりかねない。

こういった規制がないと、親は安心して、子供にゲームをさせられないです。また、どこかの未成年の犯罪を促す事になりかねない。以前、バトルロワイヤルの映画を見て起きた事件など。

ゲームはリアルになっていく。そこに、現実と架空との境界線が見えなくなる可能性は大人になっても十分にある。ただ、現実で出来ない事を可能にするというのがこのGTAの売りである。筒井哲也作の『リセット』(YG)という漫画が良い例なのかも知れない。

日本はまだ規制という点では、あらゆる面から緩い。より厳しくなっていくのは、必然の流れというモノだと私は思う。

読み終わったらクリックお願いします→
スポンサーサイト


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/117-a651dca4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。