スパム対策
【映画】マイ・ボディガード/man on fire / コツコツタイガーの言いたい放題
プロフィール

コツコツタイガー

  • Author:コツコツタイガー
  • 趣味は音楽・映画鑑賞。プロレスを含む格闘技が大好きです。野球は阪神ファンです。どんな事でも首を突っ込むところが玉に傷

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリ目次(別窓)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【映画】マイ・ボディガード/man on fire 

オスカー俳優デンゼル・ワシントン主演の映画『マイ・ボディガード』を見ました。
20050630155507.jpg
ストーリー: 生きる希望を失った男ジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、メキシコシティでボディガードの職を得る。実業家の娘ピタ(ダコタ・ファニング)を護衛することになった彼は、聡明な彼女と次第に心を通わせ合うようになる。(yahooレビューより引用)

だがピタが金目当ての組織によって拉致されて殺され、ジョンも大怪我を追ってしばらく寝たきりに。やがて回復した彼は、ピタの仇討ちに誘拐組織を追いつめていくのだった……。


<感想>
この映画を見終えて、まずは悲しい感じになった。初め、素っ気ないクリーシーがだんだん人なつっこくなってきた。ピタに心を開いてきた。ここまでが前半だったような気もする。

ピタが誘拐されて、クリーシーの復讐が始まってからは、かなり厳しい映像の連続でした。指を切ったり焼いたり…。まるで人が変わったかのような、デンゼルワシントンの演技。

あらゆる感情が交錯していて、凄く複雑な映画。なかなか面白かったです。

とにかく、デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングが輝きまくった映画でしたね。

脚本は、ボーンスプレマシーを書いたブライアン・ヘルゲランド。監督は、アクション映画を作らしたらピカイチのトニー・スコット。

とにかく長い(2時間半くらい)が、内容は濃いです。

読み終わったらクリックお願いします→


スポンサーサイト


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://code1040.blog9.fc2.com/tb.php/109-d0023b0e


マイ・ボディガード

マイ・ボディガードです。デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングがメインキャストの映画です。ダコタ・ファニングは今ロードショー中の『宇宙戦争』にも出ていますね。『宇宙戦争』のインタビューを見たけど、お茶目でかわいい子です。今回の作品の中でもお茶目でかわい
[2005/07/05 15:18] URL ???Ĥ??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。